MENU

USB Type-C to microB 変換アダプター

最近の機器のUSBはType-Cが増えてきていますが、まだスマートホン、バッテリー、デジカメなどの充電等にmicroBは多く使われています。
実際今持っているMacBook Air、iPad Pro11、Olympus OM-1Mk3はType-C、iPhone12はLightning、コンデジのSony RX100Ⅵ、モバイルバッテリーはmicroBです。
外出時にACアダプタはTypeA+Type-C、ケーブルをType-C to C、Type-C to Lightning、TypeA to microBという感じです。

外出時のケーブルを減らしたいと考え、基本はType-Cで、iPhone用にはType-C to LightningはApple純正含め多くのケーブルが出ていて既に持っているので問題はありません。

しかし、microB to Type-Cの変換アダプターは多く見るのですが、逆のType-C to microBはケーブルも変換アダプターも需要が無いのか今まで見た事が無いのでどうしようかと思ってたところ、たまたま通りかけた100円ショップ(セリア)でType-C to microBの変換アダプターを見つけました。白と黒の2色ありました。

楽天で探してみたら値段は少し高いのですがType-C to microB 変換アダプターありました。100円ショップは有る時にはあるけど、いつも在庫してるわけではないので確実に買うのならこちらもありかと思います。

セリアのType-C to microB 変換アダプターの裏面です。
充電通信変換アダプターとあります。
最大5V 2.0Aの送電に対応、最大480Mbps高速データ通信対応と言う事で通常使用であれば問題ないかと思います。

拡大して見ましたが100円ですのでこんなものかと、両面に印刷はありません。

Type-C to Lightningの変換アダプタもありました。
充電専用で向きもUP SIDEとある面を上向きにしなければ充電しません。

Type-Cからの変換ケーブルが to microB、 to Lightningと見つかりましたのでACアダプタもType-Cのみのタイプで小型の物にする事でケーブル含めて軽量化への道が見えてきましたのでこれから検討したいと思います。

Type-C to microB 変換アダプター、TypeC to Lightning 変換アダプターともに充電してみました。
問題なく充電する事ができました、耐久性等はこれからです。

目次