MENU

菊池真理子のプロフィール!漫画が連載中止に!何が起きた?

よみタイで連載していた「神様のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~」が宗教団体から抗議があったということで、掲載されていた最新話が削除、その後過去の話も掲載中止になったと言うことで、話題になっている菊池真理子さん。

菊池真理子さんのプロフィールと漫画の連載中止についてしらべてみました。

目次

菊池真理子の漫画が連載中止!幸福の科学から抗議?

集英社のウェブメディア「よみタイ」で連載されていた「神様のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~」の最新の第5話が2月1日に突然削除されました。

第5話は、教団名は明示されていませんが、漫画を読めば幸福の科学がモデルとわかる話のようでした。

現時点では他のサイトなどで読む方法は見当たりませんでした。

その後、よみタイ編集部からは下記コメントが出ました。

『「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~』
第5話(2022.1.26 公開)に関するお詫びとお知らせ
          
本サイトにて連載しておりました『「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~』第5話について、社内検討の結果、公開終了とすることにいたしました。

本作品は、「宗教2世」が「親との関係」において抱える苦悩について問題提起することを目的としていましたが、第5話についてはあたかも教団・教義の反社会性が主人公の苦悩の元凶であるかのような描き方をしている箇所がありました。

紹介したエピソードはいずれも「宗教2世」への取材をもとに構成したものでしたが、結果として特定の宗教や団体の信者やその信仰心を傷つけるものになっていたことは否めません。このことを重く受け止め、お詫びいたしますとともに、今後はこのようなことのないよう、執筆時の取材および構成の検討を入念に行い、より良い作品作りをしていけるよう努めてまいります。

2022年2月10日 「よみタイ」編集部

引用元:よみタイ HP

2月10日には、第1話から第4話(これらは別の宗教団体の2世が主人公)もみられなくなりました。

その後よみタイ編集部から下記コメントが出ています。

『「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~』
連載終了に関するお詫びとお知らせ

連載『「神様」のいる家で育ちました ~宗教2世な私たち~』につきまして検証した結果、本来、制作段階にて編集部が行うべき事実確認や表現の検討が十分ではない箇所がございました。
そのことを受けて、あらためて著者と相談を重ねた結果、連載を終了することにいたしました。
この度の連載終了につきまして、読者の皆さまにご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

2022年3月17日 よみタイ編集部

引用元:よみタイ HP

作者の菊池真理子さんはツイッターで報告されていますが、色々と取材をされて書かれていたと言うことで残念な気持ちだったのではないでしょうか?

FLASHからの質問に対して、幸福の科学から抗議したことを認めたようです。

 「菊池氏の該当作品には、明らかな事実誤認が複数存在するとともに、信仰の対象や教義等に対する不当な侮蔑的描写、冒涜等が存在しています。また、親子問題と自立の問題を信仰の問題にすり替えている点もあります。作品の公開停止については、集英社側で独自に検討された結果と思われます」(幸福の科学広報局)

引用元:Smart FLASH

菊池真理子プロフィール

名前:菊池真理子(別名義:小沢カオル)
生年月日:1972年9月29日
出身:東京
職業:漫画家
活動開始:1995年~

菊池真理子さんは「小沢カオル」さんというペンネームで別に活動されていると言うことです。

突撃体験系レポート漫画の第一人者と呼ばれて有名と言うことで、『超あやしい取材に逝ってきました。』や『あやしい男と失恋(ヤ)ってきました』などがあります。

まとめ

菊池真理子さんが、集英社の「よみタイ」で連載中の「神様のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~」が連載中止となりました。

連載中止は、幸福の科学からの抗議によると思われます。

結構話題となっていますので、今後動きがありましたら更新します。

目次