MENU

「木原誠二」官房副長官に隠し子疑惑母娘とそろって七五三へ

2021年10月に内閣官房副長官に就任した木原誠二氏(51)。岸田文雄総理の最側近として目下、政権の舵取りを任される木原氏に、“愛人”“隠し子”疑惑が浮上しています。

 宏池会に所属し、現在は内閣官房副長官の要職にある木原氏は、東大法学部を卒業後、大蔵省(当時)に入省。2005年に政界に転じ、先日の総選挙で5選目を果たしました。

愛人、隠し子と気になる情報ですが、まとめてみました。

目次

「木原誠二」官房副長官に隠し子疑惑母娘とそろって七五三

神社で祈祷を終えて記念写真を撮る普通の家族とみえますが、この男性が木原誠二さんです。
着物姿の女性は40代のシングルマザーと言われています。

しかしながら木原誠二さんは既婚者で、この女性が奥さんという事ではないようです。

12月4日の午後3時頃、木原氏が神奈川県横浜市内の神社にあった。

傍らには着物姿の女性、可愛らしい晴れ着に身を包んだ少女が。
誰が見ても親子3人での“七五三詣で”である。だが、木原氏とこの母娘とは家族ではない。


「木原さんは既婚者でお子さんもいます。しかし、彼には長年にわたって“愛人”と噂されてきた女性がいるんです。
愛人とされる女性はかつて銀座の有名クラブで働いていた元ホステスで、奥さんと結婚する前からの付き合い。現在、彼女はシングルマザーなのですが、そのお嬢さんが木原さんの“隠し子”じゃないかと囁かれています」(木原氏を知る関係者)  
神社では、少女が木原氏を「パパ」と呼ぶ場面もあった。果たして、この少女は“隠し子”なのか。

引用元:デイリー新潮

「木原誠二」官房副長官に隠し子疑惑

木原氏は「ちゃんと育てる」と週刊誌の取材に対して答えています。

 木原氏を都内の自宅前で直撃すると、
「これはプライベートなことなので」
「私、ちゃんと育てるということでやっております。何の法律も犯しておりませんので……」
との答えが返ってきた。だが後の取材では、一緒にいた少女が娘であることを明確に否定し、こう語る。
「あの子にはお父さんがいないので、仲間のみんなが不憫に思っていろいろと世話を焼いてきました。私が“育てる”と言ったのも、彼女(愛人とされる女性)に万一のことがあったら仲間内で子どもの面倒を見るという意味なんです」

引用元:デイリー新潮

12月16日発売の「週刊新潮」で疑惑の全貌を報じるようです。

木原誠二プロフィール

木原 誠二(きはら せいじ)
生年月日:1970年6月8日 51歳 
東京都渋谷区生まれ
生後9か月から5歳までシカゴに居住。
1979年5月にアムステルダムに移り、同年12月、新宿区立戸塚第二小学校へ転入。
武蔵中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省(証券局企業財務課)。
1995年~97年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)留学。
帰国後、主計局法規課勤務ののち、1999年~2001年 英国大蔵省に派遣。
2001年7月 大臣官房の課長補佐となり、2003年7月からは財務省国際局の課長補佐を2年務めた。
2005年7月10日 岩見沢税務署長に転任するも、急遽行われた郵政解散を受け出馬するため8月17日に財務省に復籍のうえ退職。

2005年の第44回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で東京20区から出馬し、現職の加藤公一を破り初当選した。
衆議院議員(5期)内閣官房副長官


まとめ

結婚する前からの愛人という話だと、ご家族はどのように感じられるのでしょうか
ご家族の情報が見当たらないのですが、家族はいらっしゃると言う事です。

目次