MENU

角松敏生2021ツアー広島JMSアステールプラザの紙飛行機の様子

  • URLをコピーしました!

角松敏生2021冬のツアーでは一部の会場では条件付きで紙飛行機が飛ばせる事になりました。
Twitterでコーラスの小此木 麻里さんが広島JMSアステールプラザの紙飛行機の様子を報告してくれています。
塩尻、沼津、宮崎、富山、宮城、札幌、福岡、名古屋に続いて見ることができた景色です。

角松敏生2021冬のツアーでは当初4会場で紙飛行機が飛ばせるという事で始まりましたが、ツアーの途中で富山と札幌が追加され6会場となりこれで終わりかと言われていましたが、またまた追加され福岡と名古屋も解禁となりました。
これで8会場ということでツアー(14会場、15公演)の内半分以上で紙飛行機が飛ばせる事となりましたが、さらに広島と岡山も追加され、10会場となりました。
中野サンプラザも終わり、広島も終わってしまいツアーもあと2会場になりました。
次の岡山でも紙飛行機は飛ばせるという事ですので楽しんでもらいたいです。

角松敏生2021冬のツアー 紙飛行機を飛ばすことができる5会場
塩尻市レザンホールの様子
沼津市民文化センターの様子
宮崎メディキット県民文化センターの様子
富山県民会館の様子
東京エレクトロンホール宮城の様子
札幌市教育文化会館の様子
福岡市⺠会館の様子
日本特殊陶業市⺠会館 フォレストホールの様子

角松敏生がコンサート制作事務局に、今回のツアーで、この紙飛行機飛ばしの復活の可能性を各会場に打診してみてほしいと伝え、条件付きなら許可します、と言ってくださった会場があり、下記条件をもとに下記6会場で紙飛行機を飛ばせることになったと伝えています。(富山、札幌は後から追加)

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる