MENU

フジロック2022クロークはどこ?時間や料金は?荷物に制限はある?

フジロック2022が7月29、30、31日に開催されます。

2020年の延期、2021年の特別なフジロックから今年は「いつものフジロック」へということで楽しみにされている人も多いかと思います。

フジロックを楽しもうと思うと、つい荷物が多くなってしまいがちです。

いろいろなステージを見て回るには身軽になりたい、しかし荷物は持って行きたいという人のためにクローク(荷物預け所)は気になるところではないでしょうか?

今年のフジロックは電子マネーで完全キャッシュレスで簡単便利にということで、小銭を持たずに食事ができるようになっているという事ですのでさらに身軽にフェスを楽しむことができると思います。

シャトルバスについてもまとめています。

この記事では、クロークはどこにあるのか?預けることができる時間は?料金、荷物の大きさに制限は?と気になるところをまとめてみました。

目次

フジロック2022 クロークの場所は?

フジロック2022のクロークの場所はまだ公式に発表がないため、過去のフジロックの情報を見てみましょう。

2019年の情報ですが、場外エリアにコインロッカーと手荷物預かり所が有ります。
宅配便の受付も有りますので帰る時には送るという手もあります。

公式情報が出ましたら更新します。

フジロック2022クロークの時間や料金は?

フジロック2022のクロークの営業時間は発表されていませんので、これまでの情報を見てみましょう。

・コインロッカー
24時間営業

・クローク(手荷物預かり所)
7月28日(木):16時〜25時
7月29日(金)〜7月31日(日):7時〜24時間体制
8月1日(月):7時〜12時

例年の情報を元にまとめてみました。

料金もこれまでの情報からです。

コインロッカー
500円/400円

クローク(手荷物預かり所)出し入れ自由
1,000円(1日/1個)

クローク利用時にはビニール袋が1枚渡されて、その中に荷物を一つ入れられるという事です。

フジロック2022クロークは荷物に制限はある?

預ける荷物に制限は有るか?ですが、サイズ的にはクロークに預ける場合はビニールのサイズに入る荷物でなければいけません。ビニールのサイズに関しては情報がありませんでした。

クロークに関しては貴重品・現金・危険物・割れ物は預けることができません。

まとめ

フジロック2022のクロークに関してはまだ公式に発表がありません。
そのためこれまでの情報を元に推測してみました。

情報がわかりしだい更新して行きます。

目次