MENU

フジロック2022エリア別に使える電子マネーは?完全キャッシュレスで簡単便利に!

フジロック2022が7月29、30、31日に開催されます。

2020年の延期、2021年の特別なフジロックから今年は「いつものフジロック」へということで楽しみにされている人も多いかと思います。

これまでも電子マネーは使えていましたが、使える店舗と使えない店舗がありました。

フジロック2022では飲食店含む全ての店舗で完全キャッシュレス決済が可能となりました。(グッズ売り場を除く)

現金で財布が小銭で重くなったり、財布を持ち歩くことによる紛失や盗難などのリスクも軽減され、スマホ一つで身軽に楽しめると思われます。

しかしながら、もし自分の使ってる電子マネー、QRコードが使えない場合には食事も出来ないということになりかねませんので、どのエリアでどの電子マネーが使えるのかを事前に確認しておく方が良いかと思います。

この記事では、どのエリアでどの電子マネーが使えるのか使い切った場合のチャージはどうすれば?ということを調べてみました。

フジロック2022シャトルバスの始発・最終便の時間は?混雑状況は?

フジロック2022クロークはどこ?時間や料金は?荷物に制限はある?

目次

フジロック2022 エリア別 使用可能な決済サービス

エリア別に使用可能な決済サービスになります。

行きたいエリアで使えるのはどの決済サービスかを確認して、クロークに荷物を預ける時に気をつけましょう。

使用可能な種類電子マネー
QRコード
クレジット
カード
現金
場内・飲食店舗×
場内・物販店舗×
グッズ売り場(YELLOW CLIFF / 岩盤 / FIELD OF HEAVEN)
シャトルバス 乗車料金×
ドラゴンドラ 乗車料金
キャンプサイト利用者専用「苗場の湯」「火打の湯」××
ロッカー××
荷物預かり所
宅急便サービス×
(着払可)
ウクライナ人道支援 募金××
大道芸 投げ銭××
サイレントブリーズ 駄菓子×

フジロック2022で使用可能な決済サービスは?

グッズ売り場では現金やクレジットカードも使えますが、飲食店では小銭を出すこともなく、電子マネー、QRコードでの決済が可能となりますが、全ての電子マネー、QRコード決済ができるわけではありませんので事前に自分の使える電子マネー、QRコードを確認しておきましょう。

特にQRコードはPayPayのみですので、使っていない人は事前にインストールして、フジロックの前に使ってみるのをお勧めします。

QRコードの場合はアプリ毎に使い勝手が違うので、使い勝手がわからずに焦ってしまうと思います。

PayPayのHPはこちら


フジロック2022の公式HPで以下のように報じられています。

会場内でより安全にお買い物を楽しんでいただけるように、今年のフジロックは飲食店含むすべての店舗で完全キャッシュレス決済となります。(グッズ売り場を除く)

現金の出し入れなど手間が省けて失くすリスクも軽減、雨の日でも楽々決済!身軽に会場内をお楽しみいただけます。

※ オフィシャルグッズ売場・アーティストグッズ売場・オフィシャルショップ岩盤では、電子決済の他に現金、クレジットカードのご利用が可能です。

電子マネーを持っていない場合は?

スマホにアプリをインストール可能な方は事前にインストール、チャージしておきましょう。

スマホにインストールができない方などは、Suicaカード等の交通系カードを多機能券売機で事前に購入してチャージすることをお勧めします。
カード発行時には預り金(デポジット)として500円が発生しますが、預り金(デポジット)はカード返却時には返金されます。

フジロック2022で使用可能な電子マネー

フジロック2022で使用可能な電子マネーは以下となっています。

交通系のSuicaやnanaco、楽天Edy、WAONなど多くの電子マネーが使えますので、普段使っている電子マネーで対応できるのではないかと思います。

《電子マネー》
Kitaca / Suica / PASMO / TOICA / manaca / ICOCA / SUGOCA / nimoca / はやかけん / iD / QUICPay / nanaco / 楽天Edy / WAON

フジロック2022で使用可能なQRコード

気をつけたいのはQRコードです。
PayPay1択です、他のQRコードしか使っていないようであれば事前にPayPayをインストールするのをお勧めします。

《QRコード》
PayPay

フジロック2022で使用可能なクレジットカード

VISA / MASTER / JCB / AMEX

フジロック2022 電子マネーのチャージについて

事前にチャージをしておくのをお勧めしますが、万が一残高不足になった場合には、会場内にセブン銀行ATMを設置され、一部のサービスのチャージが可能です。

あらかじめ余裕を持ったチャージをしておくことをお勧めします、オートチャージの設定をされている場合でも電波状態により不安定なことも考えられます。(会場は山の中ということもありますし、参加人数も多いので状況は不明です)

セブン銀行ATMの設置場所に関してはまだ情報がありませんので、わかり次第更新します。

2018年の様子です、移動ATM車両が来ています。

チャージ可能な時間と、チャージ可能なサービスは以下ですので確認ください。

《チャージ可能時間》
7/29(金)〜7/31(日) 各日11:00〜20:00

《チャージ可能なサービス》
交通系ICカード、nanaco、楽天Edy、PayPay

使用方法に関してはセブン銀行公式HPで確認ください。

まとめ

フジロック2022では全ての飲食店などで電子マネー、QRコード決済が出来るようになり、完全キャッシュレスで身軽にフジロックを楽しむことができるようになりました。

エリアごとに使える電子マネーが決まっていますので、行ってみて自分の電子マネーが使えなかったと言うことの内容に事前に確認することが必要ですね。

「いつものフジロック」を自然の中でお気に入りのアーティストと過ごす時間が最高の時間となればいいですね。

目次