MENU

DYI 自作小屋③ 屋根張りから完成まで

  • URLをコピーしました!

下地が出来上がりましたので、壁面に透湿防水シート、屋根面にルーフィングシートを貼っていきます。
下から順番に貼って被せるようにしていきます。

屋根はアスファルトシングルと言って、ガラス繊維にアスファルトを染み込ませ、表面に石を吹き付けたシート状の屋根材です。1枚は軽いので一人でも持ち上げることが出来ます。
下から順番に接着剤と釘で止めていきますが、一人の為何回も脚立の登り降りで結構厳しかったです。
壁面は杉の野地板を重ねていきます。軽くて値段もお手頃と言う事で決まりました。
ビス止めしています。

ほぼ前面に野地板を貼りました。
あとは窓と扉をつければ小屋として夜露もしのげるようになります。

まずは扉です。枠をつけて、1×4を並べ扉にしました。

窓枠を取り付け、2×4に溝を入れてアクリル板をはめ込み窓を作成しました。
野地板に防水塗料を塗りました。

窓にも防水塗料を塗り完成です。
当初思ったよりも出来上がって見ると、結構しっかりとした作りになりました。
総工費も40万円弱(材料費)で市販の倉庫を買うよりも満足出来るものになりました。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる