MENU

DYI 自作小屋② 壁から屋根下地まで

  • URLをコピーしました!

土台が出来ましたので壁を順番に順番に建てて行きます。
壁になる部分を1面ずつ2×4で枠組を作って、コンパネを貼ります。コンパネの角と枠組を合わすことで壁の直角を調整しながら1面ずつ作って、土台に合わせて上からビスで止めて行きます。
窓をつける部分は開放になっています。

奥の面の壁を作っています。

奥の壁まで立ち上げました。
一人で作っているので作業しやすいように前面にコンパネを貼らずに出入りできるようにしました。

左の壁も立上げ、前面は扉をつけるために広い開放が取れるようにしています。
軒は屋根を少し広めにするために伸ばしています。
外壁は杉板を貼る予定です。

三角の妻の部分は中空ポリカーボネートを貼り、両妻をネジ止めして、棟木を載せます。
この時に垂直の確認を怠った為出来上がってから少し傾いてる事に気づきましたが、もうどうしようもないところまで来て気づいたので諦めました。ぱっと見には気にならないレベルかなと思ってます。

垂木を乗せて固定して行きます。鼻隠しを垂木からコンパネの厚み分ずらして取り付けます。
屋根のコンパネを乗せたときに鼻隠しが受け止めてくれるようにして一人でも作業できるようにしました。鼻隠しは防水塗料を塗っています。

コンパネを載せて屋根の完成です。破風板まで取付け防水塗料を塗りました。
小屋っぽくなってきたところで続きはまた。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる