MENU

「ほうれんそうのおひたし」は新しいビジネスマナー?今や常識?

  • URLをコピーしました!

「ほうれんそう」と言えば、上司への「報告・連絡・相談」の重要性を表したビジネスマナー用語ですが、これは部下から上司にするものでした。
しかし、最近では、上司から部下へ気を付けたいビジネスマナー用語「おひたし」が、最近何かと話題になっています。

目次

「ほうれんそうのおひたし」とは?

上司への報告、連絡、相談、いわゆる「ほう・れん・そう」に上司から部下に「お・ひ・た・し」で返す「ほうれんそうのおひたし」を知っていますか?
ほうれんそう」と言えば、「報告・連絡・相談」の重要性を表したビジネスマナー用語ですが、これは部下から上司にするものでした。
しかし、最近では部下から上司へだけではなく、上司から部下へ気を付けたいビジネスマナー用語として「おひたし」が、話題となっています。
部下とのコミュニケーションに悩んでいる方は、こちらを参考にしてください。

「おひたし」はどこかの企業が作り出したルールではなく、ある社員が心掛けていることをTwitterにツイートしたところ、共感を得て広がり注目を集めた言葉だそうです。

「おひたし」の意味

「お」:怒らない
「ひ」:否定しない
「た」:助ける(困り事あれば)
「し」:指示する

【お(怒らない)】

「怒る=感情に身を任せる」行為をNGとしている点が優れています。
ただし、相手のためを思って注意する「しかる」は必要です。

【ひ(否定しない)】

仕事をする上で、上司が部下の意見を否定する場面は少なからずあるものです。
しかし、そのような場合でも、冒頭からいきなり否定するのは避け、まずは相手の意見や言葉を受け入れてから自分の意見を伝える姿勢を意識しましょう。こうすることで、否定のニュアンスを和らげることができます。

【た(助ける)】

部下を助けるのは上司として当然の役目ですが、過剰に助けすぎると、時と相手によっては部下の成長の妨げになってしまうこともあります。
「助けること」と「サポートすること」は別物です、いきなり助けるのではなく、部下が悩んだり困ったりしている時に、サポートをするようにしてみましょう。

【し(指示する)】

SNS上でも「指示がない」「適当な指示ばかり」など部下から上司に対する不満が目立ちます。
部下は常に上司からの的確な指示が欲しいと思うものです。上司は、これに応える責任があります。
しかし、部下も何でもかんでも「指示待ち」の状態になるのはよくありませんので、まずは、自分で考えるという自発的な姿勢が大切です。

部下が指示を受けたい時は、状況に応じて自分から上司に伺いを立てて、指示を受けることになります。
この時、上司としては、部下が伺いを立てやすい雰囲気を日頃から作ってあげることが大切になります。
部下は「上司が忙しそうにしている」「しかめっ面をしている」「冷たくあしらわれる」などの理由から、なかなか上手にコミュニケーションを取れないと悩んでいる場合もあります。

お・ひ・た・し」で業績改善も

「ほう・れん・そう」のように、上司が部下にアクションを要求するだけでは一方通行であり、マナーコミュニケーションとは言えません。
上司が自身の抱える仕事で大変かとは思いますが、社内や社外、お客様を含む全員がプラスになるよう仕事を遂行するには、マナー(=相手の立場に立つ思いやりの心)が必須となります。
上司として、部下の気持ちや求めていることを理解してあげる深く大きな心を持つことはリーダーとしても大事なこととなります。
「お・ひ・た・し」を実践することで、部下から上司への信頼に結びつくと同時に、部下の成長が促されることで良い関係の構築、ひいては職場の空気や業績改善につながるという相乗効果が期待できるはずです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる