MENU

恵方巻の方角の決め方は?2023年は南南東!食べ方は?

節分に恵方巻を食べるのはすっかり定番となりましたね。
最近はコンビでも色々と特徴のある恵方巻を見ることが出来て簡単に手にすることができるようになりました。

「恵方」に向いて、恵方巻を願いごとをしながら最後まで無言で食べ切ると、福をもたらすと言われていますが、2023年の恵方はどの方角を向いて食べればいい?と気になっている人もいるかと思います。

この記事では2023年の恵方巻の方角と決め方についてまとめてみました。

目次

恵方巻きの方角の決め方は?

2023年の恵方巻の方角は南南東です。

恵方とは「歳徳神(としとくじん)」という神様のいる場所で、その年の縁起の良い方角のことです。
恵方には、東北東・西南西・南南東・北北西の4方向があり、その年によって恵方は変わります

恵方の決め方は?

恵方は、歳徳神という神様がいる場所で、その年の十干(じっかん)によって決められた方角のことを言います。。

十干とは古代中国発祥で風水や暦に用いられるもので、
甲(こう・きのえ)、乙(おつ・きのと)、丙(へい・ひのえ)、丁(てい・ひのと)、戊(ぼ・つちのえ)、己(き・つちのと)、庚(こう・かのえ)、辛(しん・かのと)、壬(じん・みずのえ)、癸(き・みずのと)の10種類からなっています。

十干西暦の下一桁恵方
甲、己4、9東北東
庚、乙0、5西南西
辛、癸、丙、戊1、3、6、8南南東
壬、丁2、7北北西

十二支は子(し・ね)、丑(ちゅう・うし)、寅(いん・とら)、卯(ぼう・う)、辰(しん・たつ)、巳(し・み)午(ご・うま)、未(び・ひつじ)申(しん・さる)、酉(ゆう・とり)、戌(じゅつ・いぬ)亥(がい・い)の12種類からなっており、十干と十二支を合わせて干支と呼びます。

十干にはそれぞれに方角や数字が割り当てられており、それに基づくと、恵方は基本的に東北東、西南西、南南東、北北西と方角の数が4つとなっています。
十干は同じく10通りで巡る西暦の下一桁に対応しているため、西暦でも恵方の確認が可能です。

恵方巻の方角の過去10年分

2023年の節分は2月3日(金)です。
これまでの10年分の恵方の方角を調べてみました。

西暦節分の日時恵方干支
2023年2月3日(金)南南東癸卯
2022年2月3日(木)北北西壬寅
2021年2月2日(土)南南東辛丑
2020年2月3日(月)西南西庚子
2019年2月3日(日)東北東己亥
2018年2月3日(土)南南東戊戌
2017年2月3日(金)北北西丁酉
2016年2月3日(水)南南東丙申
2015年2月3日(火)西南西乙羊
2014年2月3日(月)東北東甲午

恵方巻の食べ方は?

恵方巻の食べ方にはルールがありますので気をつけましょう!

恵方を向いて食べる
切り分けないで1本を丸ごと食べる
願い事をしながら最後まで無言で食べきる

恵方巻は恵方を向いて食べる

2023年の恵方は南南東です。
方角を向く理由は1年の厄を落として福を招くためと言われています、食べる時間にはルールはないようです。

恵方巻は切り分けないで1本を丸ごと食べる

福を巻き込む恵方巻を、そのまま一本丸ごと食べることで「縁が切れない」「福を逃がさない」といった意味があるそうです。

一本食べ切るのが難しいと思われる方は最初から小さめの恵方巻きを選ぶといいでしょう。

恵方巻は願い事をしながら最後まで無言で食べきる

口から福が逃げないように恵方巻きは最後まで無言で食べ切ることが大事です。
1本食べ終わるまでは、心のなかで願い事をしながら静かに食べるようにしましょう!

恵方の方角間違えた!方角向かないで食べた!という場合でも気にしなくてもいいみたいです。
恵方巻を食べる風習の由来は諸説あって、商都大阪発祥の風習と言われているが、その起源の定説は未だ存在せず不明な点が多いとあります。(Wikipedia参考)
『恵方巻』が全国的に流行したのはセブンイレブンが『恵方巻』を大々的に展開したことで本格的な普及につながったという事のようです。

あわせて読みたい
コンビニ恵方巻比較2023!セブン・ファミマ・ローソンの違いは? コンビニではセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン各社が特徴のある恵方巻を取り揃えています。2023年の節分は2月3日で恵方は南南東になります。 恵方巻を願いご...

まとめ

節分に恵方巻きを食べるのが定番となってきています。
恵方巻きを食べるのであれば正しい方角を向いて、黙って願い事をしながら最後まで無言で食べた方が福をもたらすと言われています。

恵方巻きを食べるにあたり2023年の恵方の方角は南南東という事と、方角はどうやって決まっているのか?についてまとめてみました。

目次